忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1906.06123
Numazawa et al. (2019)
Suzaku observation of Jupiter's X-rays around solar maximum
(太陽極大付近での木星の X 線のすざくによる観測)

概要

X 線天文衛星すざくで観測した,木星からの X 線放射の撮像観測とスペクトル研究の結果について報告する.

2006 年にすざくは,木星の内部放射線帯に付随した 1-5 keV の拡がった X 線放射を発見した.これは,木星の磁気圏内での超相対論的 (~50 MeV) な逆コンプトン散乱によるものだと示唆されている.
この放射の存在を確定させるため,また放射ち太陽活動との関連性を理解するため,24th solar cycle の太陽活動の極大周辺である 2014 年にすざくを用いた観測を実行した.

その結果,1-5 keV の拡がった放射を木星の周りで再び発見し,また 0.4-1 keV の点源状の放射も発見した

点源状の放射は,おそらくは太陽 X 線の散乱や電荷交換,オーロラ制動放射からなると考えられ,2006 年よりも 5 倍程度増加した.これは太陽活動の増加によるものである可能性が高い.

1-5 keV での拡がった放射スペクトルは,過去の観測にあるように平坦なべき乗則の関数でよくフィットでき,逆コンプトン散乱説を支持するものである.しかし,その空間分布は ~12 × 4 木星半径から ~20 × 7 木星半径まで変化している.また,拡がった放射の光度は 3 倍と小さい変化量を示した.このことは,拡がった放射は単に太陽活動を反映しているわけではないことを示唆している.

また,太陽活動は木星の周りの高エネルギー電子の分布にはほとんど影響を及ぼさないことが知られている.木星の磁気圏の中でどのように高エネルギー粒子が加速されているかを理解するためには,拡がった高エネルギー X 線放射の空間分布とスペクトル分布のさらなる高感度の研究が必要である.

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック