忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:2001.07345
Addison et al. (2020)
TOI-257b (HD 19916b): A Warm sub-Saturn on a Moderately Eccentric Orbit Around an Evolved F-type Star
(TOI-257b (HD 19916b):進化した F 型星の周りのやや離心率のある軌道にある温暖なサブサターン)

概要

温暖なサブサターン TOI-257b (HD 19916b) の発見を報告する.こでは,NASA の Transiting Exoplanet Survey Satellite (TESS) で取得されたデータに基づくものである.

トランジットシグナルは TESS によって検出され,Minerva-Australis telescope array を用いて視線速度観測を行い,惑星起源のシグナルであることを確認した.TESS の測光観測やその他の視線速度観測,および恒星の振動による星震学から,惑星は 0.134 木星質量 (42.6 地球質量),0.626 木星半径 (7.02 地球半径),軌道離心率は 0.242,軌道周期は 18.38827 日と特定した.

中心星は等級が V = 7.570 の,明るくある程度進化した晩期 F 型星で,1.390 太陽質量,1.888 太陽半径,有効温度は 6075 K である.

また,2 番目のトランジットしない 71 日周期のサブサターン質量の惑星の存在を,視線速度データから統計的に実証した.

この系は星震学を用いて特徴付けされた系外惑星系の数少ない一つである.既知の系外惑星の中では温暖なサブサターンは希少な存在であり,今回の惑星の発見は似たような惑星系の形成と移動の歴史の将来的な研究において重要である.

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック