忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1512.03070
Owen & Adams (2015)
Hot Jupiter Breezes: Time-dependent Outflows from Extrasolar Planets
(ホットジュピターの風:系外惑星からの時間依存性のある放出)

概要

中心星からの紫外線によって駆動されている、ホットジュピターからの磁気的に制御されたアウトフローの力学についての研究を行った。このような系では、幾つかの開いた磁力線は、流れがスムーズに音速点 (sonic point)を通過できない場合がある。そのため一時的に定常解が存在しない状態となり得る。ここでは、そのような惑星磁場の構造では、アウトフローは時間依存性のあるものになるということを示す。

惑星大気に関しては、定常の加熱と時間依存性のある加熱の両方を考慮した。その時間変動が、アウトフローの時間変動に対応している。

流れが音速点を通過できないため流れは亜音速となり、パーカー解ではなくいわゆる "ブリーズ解 (breeze solution)" となる。時間変動星の主なポイントは、流れは異なるブリーズ解の合計なり、大気散逸率は準周期的になるという点である。

流れは亜音速なので、外側の境界から境界条件の情報が内向きに伝播することが出来る。これはある程度アウトフローの変動のタイムスケールを変える。ここでは、外側境界のスケールとアウトフローの時間変動のタイムスケールの間の関係を発見した。実際には、外側の境界は惑星の作用圏 (sphere of Influence)に置いている。

計算結果から測定された時間変動は、原理的には型のパラメータ制限 (表面での磁場強度、磁場の強さなど)に使うことが出来ると考えられる。

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック