忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1612.03511
Rattenbury et al. (2016)
Faint source star planetary microlensing: the discovery of the cold gas giant planet OGLE-2014-BLG-0676Lb
(暗い光源星の惑星のマイクロレンズ:冷たいガス惑星 OGLE-2014-BLG-0676Lb の発見)

概要

重力マイクロレンズ法による OGLE-2014-BLG-0676Lb の発見を報告する.
重力マイクロレンズイベントの観測は,MOA, OGLE, Wise, RoboNET/LCOGT, MiNDSTEp と µFUN グループによって行われた.

光度曲線のすべての解析結果から,レンズ天体系は主星の周りに惑星質量の天体がある系である事が判明した.観測結果と最も合うモデルは,レンズ天体の質量比が (4.78 ± 0.13) × 10-3 というものである.ベイズ統計の解析から,中心星が 0.62 太陽質量で惑星は 3.09 木星質量,射影した軌道間隔が 4.40 AU という値を得た.また,このレンズ系までの距離は 2.22 kpc である.

今回発見されたこの惑星は,重力レンズを用いて発見される個数が増えている,冷たい惑星のうちの一つである.

このマイクロレンズイベントの光度曲線のベースラインの大部分の光は,レンズ天体から来ていると考えられる.そのため,高分解能撮像観測が今回発見された惑星のモデルの妥当性を確認する手段だと考えられる.

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック