忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1701.00843
Wakeford et al. (2017)
HST PanCET program: A Cloudy Atmosphere for the promising JWST target WASP-101b
(HST PanCET プログラム:JWST のターゲット候補 WASP-101b の雲の多い大気)

概要

ハッブル宇宙望遠鏡の Panchromatic Comparative Exoplanet Treasury (PanCET) の初めての観測の結果を報告する.
この観測では,大きく膨張したホットジュピターである WASP-101b のトランジットを観測した.この惑星は,ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡 (James Webb Space Telescope, JWST) の Early Release Science (ERS) プログラムでの観測ターゲット候補のひとつである.

ハッブル宇宙望遠鏡の Wide Field Camera 3 (WFC3) での観測から,WASP-101b の近赤外の透過スペクトル中には H2O の明確な吸収の特徴は見られなかった.また,13 σ の確度で,晴れた大気である可能性を排除した.
従って,WASP-101b は強い分子の透過特徴を観測するための JWST ERS プログラムの最適なターゲットではないということが分かった.

また WASP-101b を,これまでによく研究され,またほとんど同じ性質を持つホットジュピターである WASP-31b と比較した.これらの惑星は,近赤外線で似た温度-圧力分布と大気の特徴を示す.
比較の結果,WASP-101b と WASP-31b と同じパラメータ空間にいる系外惑星は,同じように雲の多い透過スペクトル特性を示すことが示唆された

また,将来的なハッブル宇宙望遠鏡での系外惑星の研究に対して,ここでの解析は,機器の不要な影響を避けるためには,カウント数の下限は検出器のピクセルごとに超えている必要があることを示唆した.

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック