忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1706.08444
Zingales et al. (2017)
The ARIEL Mission Reference Sample
(ARIEL ミッションの参照サンプル)

概要

この論文の主目的は,ARIEL (Atmospheric Remote-sensing Exoplanet Large-survey) で観測できる対象の最適な候補天体リストを同定することである.ARIEL は,2026 年の打ち上げを目指す European Space Agency (欧州宇宙機関,ESA) の M4 ミッション候補 3 つのうちの 1 つである.

ここでは,ARIEL で観測可能な系外惑星の観測候補リストの推定について記述する,また,現実的なミッションシナリオを定義する.この観測候補には,既に存在が知られている系外惑星と,まだ発見されていないが発見が期待されるものの両方を含む.

現在の ARIEL の計画では,計画の寿命 4 年間の間に ~ 1000 個の系外惑星を観測可能と見積もられる.この観測対象候補の系外惑星のリストは,新しい系外惑星の発見に依存して今後増加することが期待される.

ARIEL 計画の概要

ARIEL は,ESA の M4 ミッションで打ち上げる候補となっている宇宙望遠鏡であり,現在 Phase A study の段階にある.

ARIEL は系外惑星の大量で多様なサンプルを観測し,その物理的・化学的特性について研究するためのミッションである.

現在までに 3500 を超える系外惑星が発見され,そのうち 1/3 以上がトランジット法での検出である.これらの中には地球型惑星やスーパーアース,海王星型惑星や巨大ガス惑星があり,多様なタイプの恒星の周りを公転している.

ケプラーは単独で 1000 個を超えるトランジット惑星を 2009 - 2015 年の間に発見し,まだ確定していない惑星候補天体も 3000 件以上ある.
現在,および将来の系外惑星探査ミッションには,宇宙空間から (K2,GAIA,TESS,CHEOPS,PLATO) と,多数の地上からの観測 (HAT-NET,HARPS,WASP,MEarth,NGTS,TRAPPIST,Espresso,Carmenesなど) があり,系外惑星の発見数は次の世代でも増加することが期待される.特にトランジット法での発見の増加が見込まれる.

ARIEL は 2026 年の打ち上げを目指しており,観測可能なリストはこれらによって将来発見されるであろう惑星も含む必要があると考えられる.ARIEL で観測可能なターゲットを,現在発見されている系外惑星および将来的に発見されるであろう惑星から選び,またミッション寿命中の現実的なミッションのシナリオを定義することがここでの目的である.

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック