忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1707.06575
Huitson et al. (2017)
Gemini/GMOS Transmission Spectral Survey: Complete Optical Transmission Spectrum of the hot Jupiter WASP-4b
(Gemini/GMOS 透過スペクトルサーベイ:ホットジュピター WASP-4b の完全な可視光透過スペクトル)

概要

ホットジュピター WASP-4b の可視光の透過光スペクトルを,440 - 940 nm の波長帯で分解能 R ~ 400 - 1500 で観測した.

観測には Gemini Multi-Object Spectrometers (GMOS) を使用した.今回の観測は,GMOS を用いた近接ガス惑星の比較系外惑星学サーベイブログラムにおける最初の結果である.
WASP-4b は平衡温度が 1700 K であり,大気のスケールハイトが 370 km と大きいため大気透過光の観測に適した天体である.

この惑星において,計 4 回の透過スペクトルを取得し,フォトンノイズの 2 倍以上の精度で透過スペクトルを導出した.これは大気の 1 スケールハイトにおおむね相当する大きさである.

透過スペクトルは,波長の関数として一様な不透明度でよくフィットできた.一様な不透明度と水素分子によるレイリースロープの欠如から,この惑星の大気は凝縮物の粒子サイズが ~ 1 µm からなる雲によって占められている事が示唆される

WASP-4b と類似した平衡温度を持つ惑星での同様の観測では,同じく一様なスペクトルを示し,大気中における雲の存在が示唆されている.そのため今回の結果は過去の類似したホットジュピターの観測と整合的である.

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック