忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1709.01027
Cherenkov et al. (2017)
The Influence of Coronal Mass Ejections on the Mass-loss Rates of Hot-Jupiters
(コロナ質量放出がホットジュピターの質量放出率に与える影響)

概要

ホットジュピターは,中心星からの強い放射とプラズマ流 (恒星風) に晒される.過去のハッブル宇宙望遠鏡を用いた観測では,これらの影響によって広がったエンベロープが形成され,それらの一部はロッシュローブを超えて存在することが確認されている.この観測結果は,流体力学モデルでも支持されている.

ここではガスの力学のシミュレーションを行い,恒星風のパラメータの時間変化,特にコロナ質量放出 (coronal mass ejections, CMEs) の影響を調べた.

典型的なホットジュピター HD 209458b のエンベロープに対して.異なる速度と密度で特徴付けられる 3 つの CME をぶつけた際の影響について調べた.ここで CME に与えたパラメータは,太陽で観測される典型的な CME のパラメータに基いている.

それぞれの CME が通過する最中の恒星風のラム圧による擾乱は,ロッシュローブを超えて存在しているホットジュピターのエンベロープの大部分を引き剥がす.これにより,CME との相互作用の最中の大きな質量損失率の上昇を引き起こす.

CME の通過全体で惑星が失う質量は,CME のパラメータに関わらず 1015 g 程度である.また,10 億年程度の間に CME の直撃によってホットジュピターから失われると思われる質量は,高エネルギーの恒星輻射で失われる分と同程度であった.

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック