忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1709.06124
Mackebrandt et al. (2017)
Transmission spectroscopy of the hot Jupiter TrES-3 b: Disproof of an overly large Rayleigh-like feature
(ホットジュピター TrES-3b の透過分光観測:過度に大きいレイリー様特徴への反証)

概要

系外惑星のトランジット観測は,その惑星の組成や大気を探るための良い機会である.

近接ガス惑星 TrES-3b の過去の透過スペクトル観測では,青い側の波長 (短波長側) に向かって惑星大気での吸収が増加するのが検出されている,この吸収の増加は,惑星大気中でのレイリー散乱のみでは説明が出来ないほどの大きい増加だと報告されている.

ここではこの惑星の可視光での透過スペクトルのフォローアップ観測を行った.観測の目的は,過去に報告されている,短波長側に向かっての不透明度の強い増加を調べることである.さらに,恒星の黒点の存在が透過スペクトルに及ぼす影響を推定する試みも行った.

この研究では,近紫外から近赤外までの異なるバンドに渡る新しい観測だけでなく,公開されている過去の Gran Telescopio Canarias (GTC) での分光観測データと,同じく公開されている広帯域の観測データを使用して解析を行った.さらに,中心星の長期間に渡る測光観測も行った.


新しく得られた観測結果では,過去の研究と比べるとスペクトルの傾きはずっと小さいものだった.この結果を元に,過去に報告されていた,短波長側に向かって大きく増加するシグナルは TrES-3 系に起因するものではないと結論付けた
さらに,広帯域スペクトルは平坦なスペクトル的な特徴を示した.

長期間に渡る中心星の測光観測からは,惑星大気の透過スペクトルが,惑星によって隠されていない位置にある恒星の黒点によって大きな影響を受けている可能性は排除された

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック