忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1710.00606
Demirci et al. (2017)
Is There a Temperature Limit in Planet Formation at 1000 K?
(1000 K に惑星形成における温度の限界があるか?)

概要

原始惑星系円盤の中を内側へ移動するダストは,中心星に近づくにつれて温度の上昇にさらされる.

室内実験では,玄武岩質のダストの温度を 873 - 1273 K の間で調整した結果,ダスト粒子のサイズと組成が温度によって変化することを発見した.これらの変化は,自己無撞着な低速度凝集実験で示された,1000 K での転移温度の結果に影響を及ぼす.

温度が低い状態では,ダストは 2.02 ± 0.06 mm の最大サイズを持つ集合体に成長する.これは,高温における値の 1.49 ± 0.08 倍である.この遷移温度は,観測されている太陽系外惑星で推定された軌道温度と一致する.
多くの地球型系外惑星は,1000 K より低い温度に相当する位置で観測されている.温度が高いところでのミリメートルスケールのダストの凝集は,地球型惑星形成の重要な要素となる可能性がある.

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック