忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1710.09776
Brugger et al. (2017)
Constraints on Super-Earths Interiors from Stellar Abundances
(恒星の元素存在度からのスーパーアース内部への制限)

概要

系外惑星の内部の理論的モデリングは,平均密度の測定によってもたらされる結論より先の情報を得るためには必要不可欠である.惑星の内部モデルは,依然として限定された精度でしか得られない惑星の基本的な物理量に加え,惑星の組成が縮退してしまうことによっても制限を受ける.


ここでは,最大で ~ 10 地球質量までの固体惑星であるスーパーアースに関して,内部構造のモデルを提案する.

測定が可能である場合,惑星の全体の Fe/Si 比が中心星の値と同じであるという仮定を課すことにより,惑星の組成の縮退を大幅に減少させ,より正確に惑星の組成に制約を与えることを可能にする.


このモデルに基づいて,密度の測定から惑星の組成の推定を与えるために使用される,質量-半径関係性を更新した.また,このモデルを 2 つのよく知られた系外惑星,CoRoT-7b とケプラー10b に応用した.

CoRoT-7b とケプラー10b のコア質量割合は,それぞれ 10-37%と 10-33%の範囲にあると推定され,これはどちらも地球的な組成と一致する値である.さらにこのモデルを,プロキシマ・ケンタウリb にも拡張して応用した.この惑星は,もし質量が 5 地球質量であった場合は 1.94 地球半径となる.(真の質量は 96.7%の確率で 5 地球質量を下回る)

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック