忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1711.07294
Martioli et al. (2017)
A survey of eight hot Jupiters in secondary eclipse using WIRCam at CFHT
(CFHT の WIRCam を用いた 8 個のホットジュピターの二次食のサーベイ)

概要

トランジットする 8 個のホットジュピターに対し,二次食 (secondary eclipse,惑星が中心星の背後に隠れる現象) が予想される時間帯に,近赤外領域での高分散測光観測を行った.観測対象は,WASP-12, KELT-4A, WASP-14, TrES-4, ケプラー5, KELT-2A, KELT-7, WASP-31, HAT-P-33 である.
観測は,Canada-France-Hawaii Telescope (CFHT,カナダ・フランス・ハワイ望遠鏡) の WIRCam 装置を用いて行った.

観測データから惑星と恒星のフラックス比を測定し,惑星の輝度温度を測定することで,ホットジュピターの昼側からの熱放射への制約を与えた.

過去の観測と今回の結果を合わせた結果,広い範囲の熱再分配効率に対する惑星の平衡温度に対して予測される黒体放射と比較して,輝度温度には超過が見られることが明らかになった.またこの超過は,平衡温度が低い惑星に対しては大きく現れる傾向があることを見出した.

この事は,惑星表面での反射光や,惑星形成時の内部熱の残余に起因する熱放射など,追加の熱源の存在を示唆する.

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック