忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1712.01911
Van Grootel et al. (2017)
Stellar parameters for TRAPPIST-1
(TRAPPIST-1 の恒星パラメータ)

概要

TRAPPIST-1 は,7 個のトランジットする地球サイズの惑星を持つ超低温矮星である.現在や次世代の望遠鏡を用いて,これらの惑星の大気特性.居住可能性を含む表層環境,惑星内部組成を網羅的に特徴付けることが可能であると期待される.ただし,これを達成するためには,恒星 TRAPPIST-1 の正確なモデリングが必要である.

ここでは新しい測定結果と進化モデルに基づいて,この恒星のパラメータの更新を行い,その結果を発見論文と比較した.


まず,TRAPPIST-1 の視差を 82.4 ± 0.8 mas と測定した.これは 2013 年 - 2016 年の間の TRAPPIST 望遠鏡と Liverpool Telecsope での 188 期の観測に基づく結果である.
改定された視差の値より,この恒星の光度は (5.22 ± 0.19) × 10^-4 太陽光度と推定された.これは過去の推定値と近いが,精度はほぼ二倍である.

次に恒星質量の推定値の更新を行った.
これには 2 つのアプローチを行った.恒星進化モデルからの質量の推定と,力学的質量が分かっている同様の超低温矮星から導かれた経験的質量を用いるものである.後者の力学的質量は,位置天文的連星 (astrometric binaries) にある超低温矮星の観測から測定されたものである.

これら 2 つの推定質量をモンテカルロ手法を用いて結合し,恒星質量の半経験的な推定を行った.また,この質量をトランジット観測から得られた恒星の密度と組み合わせて恒星の半径を推定した.さらに改訂した光度と半径から,恒星の有効温度も推定した.

最終的な結果は,0.089 ± 0.006 太陽質量,0.121 ± 0.003 太陽半径,有効温度は 2516 ± 41 K である.

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック