忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1801.02814
Enriquez et al. (2018)
Breakthrough Listen Observations of 1I/'Oumuamua with the GBT
(GBT でのオウムアムアの Breakthrough Listen 観測)

概要

2017 年 10 月 18 日に,Pan-STARRS サーベイによって双曲線軌道にある天体が発見された.後に 1I/2017 U1 や オウムアムアと命名されたその天体は,さらなる観測から恒星間に起源を持つことが示唆されている,

この天体は彗星のようなコマを持たず,形状は他の既知の小惑星と比べて非常に細長いことが分かっている (Meech et al. 2017).


もし進化した地球外文明が存在した場合,探査やコミュニケーションを目的として,他の天体に探査機を送るかもしれないという可能性が,これまで長い間提案されてきた (Bracewell 1960,Freitas 1980,Rose & Wright2004,Gertz 2016).

このような恒星間探査機は,電波の波長で動作しているであろう通信技術を備えている可能性が高い.Breakthrough Listen プログラム (Worden et al. 2017) は,Robert C. Byrd Green Bank Telescope (GBT,グリーンバンク望遠鏡) を用いて,地球外文明による人工的な電波放射の検出や,あるいはそれへの制約を与えるため,オウムアムアをターゲットとした電波観測を実施した.ここでは,その暫定的な結果について報告する.

観測結果

2017 年 12 月 に,GBT で 8 時間の初期観測を行った.観測に用いたのは,L バンド (1.1 - 1.9 GHz),S バンド (1.73 - 2.6 GHz),C バンド (4 - 8 GHz),X バンド (8 - 11.6 GHz) である.

現在までの暫定的な解析結果では,どの自転位相においてもオウムアムアからの電波放射は検出されなかった

オウムアムアが遅延した脱ガスを行う枯渇した彗星である可能性 (※注釈:近日点通過から遅れて彗星活動を行う可能性) を念頭に置いて,ヒドロキシル放射の 1612 - 1720 MHz の間の 4 つの遷移についても探査を行った.その結果,この波長でもいかなる放射も検出されなかった,この結果は,この天体が小惑星的な組成であることと整合的である.

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック