忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1809.00678
West et al. (2018)
NGTS-4b: A sub-Neptune Transiting in the Desert
(NGTS-4b:砂漠中でトランジットするサブネプチューン)

概要

系外惑星 NGTS-4b の発見について報告する.

この惑星はサブネプチューンサイズの惑星で,13 等級の K 型矮星 NGTS-4 を 1.34 日周期でトランジットしている.質量は 20.6 地球質量,半径は 3.18 地球半径であり,いわゆる “Neptunian Desert” (海王星型惑星欠乏領域) のパラメータ中に位置している.

惑星の平均密度は 3.45 g cm-3 であり,100% 水の組成を持つか,岩石コアと揮発性物質エンベロープを持つ組成と整合的である.

惑星は中心星からの比較的強い EUV/X-ray 照射による大きな質量放出を起こしている可能性がある.この惑星が Neptunian desert の中で生き残っているのは,この惑星が異常に大きなコア質量を持っているか,あるいは中心星の活動が落ち着いた後に内側軌道に移動してきたため,中心星の最も強い X 線活動の影響を回避したかの可能性がある.

トランジット深さは 0.13% であり,地上観測から発見されたトランジット惑星の中では最も浅いトランジットである.また,広視野の地上からの測光サーベイで発見された中では最も小さな惑星である.

パラメータ

NGTS-4
等級:V = 13.14
有効温度:5143 K
金属量:[M/H] = -0.28
質量:0.75 太陽質量
半径:0.84 太陽半径
距離:282.6 pc
NGTS-4b
軌道周期:1.3373508 日
質量:20.6 地球質量
半径:3.18 地球半径
平均密度:3.45 g cm-3
軌道長半径:0.019 AU
平衡温度:1650 K

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック