忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1809.10211
May et al. (2018)
MOPSS II: Extreme Optical Scattering Slope for the Inflated Super-Neptune HATS-8b
(MOPSS II:膨張したスーパーネプチューン HATS-8b の極端な可視光の散乱スロープ)

概要

膨張した半径を持つスーパーネプチューン HATS-8b の観測結果について報告する.

観測は,MOPSS (The Michian Optical Planetary Spectra Survey) の一環として行った.このプログラムは,比較系外惑星研究を可能にするために,一様な手法を用いて観測・データリダクション・解析された,可視光での惑星の透過スペクトルのデータベースを作成することを目標としている.


HATS-8b は G 型矮星を公転する,低密度のスーパーネプチューンである.0.873 木星半径,0.138 木星質量,平均密度は 0.259 g cm-3 である.

この惑星の 2 回のトランジットを 2017 年 7 月と 8 月に,Magellan Baade 6.5 m 望遠鏡の IMACS 装置を用いて分光観測した.

その結果 2 晩で異なる,増幅された散乱スロープを検出した.これらのスペクトルのスロープは,レイリー散乱のみによるものよりも強い.また,惑星に隠されていない場所にある恒星黒点の影響では完全には説明できない.


観測された散乱スロープへの大気中の凝縮物の影響について調査を行った,
その結果,もし惑星が平衡温度より温暖だった場合は,MnS のうち 10-2 µm よりも小さい粒子が観測されたスロープの 80% を説明可能であることが分かった.また,惑星が平衡温度と同じ温度だった場合は,大気の平均分子量が低い場合はスロープの 50% を説明可能である.

今回観測されたスペクトルの散乱スロープは,理論で予測される最も極端な場合でさえも超えている極端なものである.この惑星と中心星に対してさらなるフォローアップ観測を行い,スロープの時間変動が主に恒星や惑星の影響によるものかどうかを判断し,これらの影響がどのようなものなのかをよく理解することを提案する.

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック