忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1812.11785
Suzuki et al. (2018)
Microlensing Results Challenge the Core Accretion Runaway Growth Scenario for Gas Giants
(マイクロレンズの結果のガス惑星のコア降着暴走成長シナリオへの困難)

概要

重力マイクロレンズによる観測で測定された惑星-恒星の質量比の分布を,惑星の種族合成モデルからコア降着理論で予測される分布と比較した.

コア降着理論における巨大惑星の暴走ガス降着過程は,中間的な質量を持つ巨大惑星の欠乏を予測するが,これはマイクロレンズでの系外惑星探査の結果には見られない.特に,惑星と中心星の質量比が 10-4 〜 4 × 10-4 惑星系は,コア降着モデルではマイクロレンズ観測から示唆される量よりも 10 倍少ないことが予測される.

この観測と理論の食い違いは,巨大ガス惑星形成は既存のコア降着モデルではこれまで見逃されてきた過程を含む可能性があること,あるいは惑星形成環境は中心星の質量の関数として大きく変化する可能性があることを示唆している.

原始惑星系円盤の粘性と厚みが変化した場合はこの矛盾の大きさを減少させることができるが,そのような変化を加えた場合,より大きい質量比と小さい質量比の両方の領域で,マイクロレンズでの観測結果やその他の観測結果と矛盾を来す可能性がある.

ここで見られる観測と理論モデルの不一致の解決は,系外惑星の居住可能性において重要な意味を持つ可能性がある.これは,巨大惑星への暴走ガス降着過程は我々の内部太陽系への水の輸送の引き金となった可能性があることが示唆されているためである.そのため,巨大惑星形成を理解することは,ハビタブル惑星の存在頻度を決定するのに役立つ可能性がある.

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック