忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1901.00051
Dragomir et al. (2019)
The Longest Period TESS Planet Yet: A Sub-Neptune Transiting A Bright, Nearby K Dwarf Star
(これまでで最も長周期な TESS 惑星:明るい,近傍の K 矮星をトランジットするサブネプチューン)

概要

TESS の観測データから,新しい系外惑星 HD 21749b (TOI 186.01) を発見したことについて報告する.太陽系近傍の明るい (V = 8.1) K4.5 矮星を公転するサブネプチューンで,わずか 16 pc 先にある.TESS の観測からは惑星は 2.84 地球半径であることが判明し,またアーカイブデータおよび精密な視線速度観測からは,惑星質量は 23.20 地球質量と測定された.

現在までに確定している TESS で発見された惑星の中では最も長周期であり,「質量が測定された 4 地球半径よりも小さいトランジット惑星を 50 個発見する」という TESS Level 1 Science Requirement に貢献する発見となった.


また,さらなる系外惑星候補天体 TOI 186.02 の検出についても報告する.こちらは惑星だと解釈すると軌道周期は 7.8 日である.もし存在が確定すれば,これは TESS によって発見された初めての地球サイズの惑星になる.

パラメータ

HD 21749
距離:16.33 pc
質量:0.73 太陽質量
半径:0.695 太陽半径
光度:0.20597 太陽光度
有効温度:4640 K
金属量:[Fe/H] ~ 0.003
HD 21749b
軌道周期:35.6077 日
軌道離心率:0.198
軌道長半径:0.1914 AU
半径:2.836 地球半径
平衡温度:423 K
質量:23.20 地球質量
密度:5.7 g cm-3
TOI 186.02 (惑星候補)
軌道周期:7.78798 日
軌道長半径:0.0695 AU
半径:0.9236 地球半径
平衡温度:703 K
質量:0.7945 地球質量
密度:5.3 g cm-3

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック