忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1901.02367
Nagel et al. (2019)
The CARMENES search for exoplanets around M dwarfs - The enigmatic planetary system GJ 4276: One eccentric planet or two planets in a 2:1 resonance?
(M 矮星まわりの系外惑星の CARMENES 探査 - 謎めいた惑星系 GJ 4276:1 つのエキセントリックプラネットか 2 つの 2:1 惑星?)

概要

GJ 4276 (G 232-070) での海王星質量惑星の検出を報告する.中心星は M4.0 矮星 であり,CARMENES 分光器を用いた視線速度観測を用いた発見である.

観測された中心星の視線速度変動は,最小質量 16 地球質量,13.35 日周期の一つの惑星が存在すると考えると最もよく説明できる.恒星の活動指標の解析とスペクトルの診断から,恒星が誘起する視線速度の擾乱である可能性は否定され,観測された視線速度シグナルは惑星由来であることを示す.
また,この恒星が円軌道の惑星を 1 つ持っているという解は,尤度比検定によって除外できることも示す.

代わりに,観測された視線速度変動は,高軌道離心率軌道か,あるいは 2:1 の周期比に近い円軌道の 2 つの惑星のどちらでも説明できることを示す.単一の高軌道離心率惑星とする解がわずかに可能性が高いものの,統計的な解析からは,これまでに得られている視線速度データではどちらのシナリオも高い信頼度では除外できない.

軌道離心率が大きい単一の惑星という解釈に基づくと,この惑星は e=0.37 であり,現在までに知られている M 型星まわりの短周期惑星の中では最も軌道離心率が大きい.

パラメータ

GJ 4276
有効温度:3387 K
金属量:[Fe/H] = 0.12
質量:0.406 太陽質量
半径:0.407 太陽半径
光度:0.0197 太陽光度
自転周期:64.3 日
年齢:69 億歳
1 惑星モデル
軌道周期:13.352 日
軌道離心率:0.37
軌道長半径:0.082 au
質量:16.57 地球質量
2 惑星モデル
GJ 4276b
軌道周期:13.350 日
軌道長半径:0.082 au
質量:15.58 地球質量

GJ 4276c
軌道周期:c 6.675 日
軌道長半径:0.051 au
質量:4.40 地球質量

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック