忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1901.08471
Wittenmyer et al. (2019)
Truly eccentric. I. Revisiting eight single-eccentric planetary systems
(本当にエキセントリックである I.8 個の単一エキセントリック・プラネット系の再検討)

概要

最近発表された大規模なデータのアーカイブと新しい解析手法を用いて,単独のエキセントリック・プラネットのみを持つ惑星系 8 個の調査を行った.

これらのうち,HD 7449,HD 65216,HD 89744,HD 92788 の 4 つの系で,さらなる長周期の天体が存在する兆候を発見した.
そのうち,HD 65216c は木星類似天体で軌道周期が 14.7 年,軌道離心率は e = 0.18,最小質量は 2 木星質量である.残りの候補天体については軌道情報は不完全である.

今回の結果は,新しいデータが参照可能になった時に,既知の系外惑星系の解析を再検討することの重要性を強調するものである.特に,問題となっているその系が実際には 2 つかそれ以上のほぼ円軌道での惑星を含んでいる場合や,サンプリングが少ないデータによって過去に単独のエキセントリック・プラネットの「偽陽性」の検出に繋がった場合は重要である.





arXiv:1901.08472
Wittenmyer et al. (2019)
Truly eccentric. II. When can two circular planets mimic a single eccentric orbit?
(本当にエキセントリックである II.どのような時に 2 つの円軌道惑星は 1 つの離心軌道のように見えるか?)

概要

系外惑星を探査する過程で,サンプリング密度の低いデータとノイズの多いデータから観測に対する可能な解を導く必要がある際は,離心軌道にある 1 つの惑星によるケプラー運動シグナルのように見えるものは,実際にはほぼ円軌道にある 2 つの惑星からの寄与によるものであるかもしれないという可能性を考慮する必要がある.
その様な結果については過去に実例があり,さらなるデータや新しい解析技術がそれまでに発生したシグナルを明らかにする.

ここでは,そのような混乱を招きうる 2 つの惑星からなる系である可能性がある範囲を探るために一連のシミュレーションを行った.
その結果,軌道離心率が 0.5 程度以上の単独のケプラー軌道は,円軌道にある 2 つの惑星という軌道配置によって偽装されることは実質的には無いことが判明した.この結果は,今日までに発見されている最も軌道離心率の大きい部類の惑星の信頼度を増すものである.

このような偽物の系が観測データに隠されていないかどうか判断するために,今後さらにデータが入手可能になるに連れ,やや離心率のある「確認済み」の系外惑星のカタログを再検討する価値があるだろう.

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック