忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1903.00031
Johns et al. (2019)
KELT-23b: A Hot Jupiter Transiting a Near-Solar Twin Close to the TESS and JWST Continuous Viewing Zones
(KELT-23b:TESS と JWST で継続的に観測する領域付近の近傍のソーラーツインをトランジットするホットジュピター)

概要

新しい系外惑星 KELT-23b の発見について報告する.この惑星は,比較的明るい恒星 (V = 10.3) BD+66 911 (TYC 4187-996-1) をトランジットするホットジュピターである.また,フォローアップ測光と分光観測で系の特徴付けを行った.

惑星が受ける輻射は強く,半径は膨張していると考えられる.強い潮汐相互作用により,惑星はおおよそ数十億年のタイムスケールで中心星に落下していると考えられる.

この系は,これまでに知られているトランジット惑星を持つ恒星の中で最も大きい黄緯を持っており,Transiting Exoplanet Survey Satellite (TESS) と ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が継続的に観測する領域に近い範囲にある.そのため,これらの観測機器を用いた長期間のモニタリングとフォローアップ観測に非常に適した対象であると期待される.

パラメータ

KELT-23
別名:BD+66 911,TYC 4187-996-1
年齢:63 億歳
距離:127.1 pc
スペクトル型:G2V
質量:0.945 太陽質量
半径:0.995 太陽半径
光度:1.082 太陽光度
有効温度:5900 K
金属量:[Fe/H] =-0.105
KELT-23b
軌道周期:2.255353 日
半径:1.322 木星半径
軌道長半径:0.03303 AU
平衡温度:1561 K
質量:0.938 木星質量
密度:0.504 g cm-3

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック