忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1904.10388
Nielsen et al. (2019)
WASP-169, WASP-171, WASP-175 and WASP-182: One bloated sub-Saturn and three hot Jupiters discovered by WASP-south
(WASP-169, WASP-171, WASP-175 と WASP-182:WASP-South で発見された膨張したサブサターンと 3 つのホットジュピター)

概要

WASP-South サーベイでの 4 つの巨大惑星の発見について報告する.
今回発見された惑星のうち 3 つはホットジュピターで,残り一つは膨張したサブサターンである.

惑星の発見と確定に関しては,WASP-South での測光観測の他に,CORALIE,HARPS,EulerCam,TRAPPIST-North と -South,SPECULOOS でフォローアップ観測のデータを用いている.

パラメータ

WASP-169 系

WASP-169
等級:V = 12.17
質量:1.337 太陽質量
半径:2.011 太陽半径
有効温度:6110 K
金属量:[Fe/H] = 0.06
年齢:38.02 億歳
距離:638 pc
WASP-169b
質量:0.561 木星質量
半径:1.304 木星半径
軌道周期:5.6114118 日
軌道長半径:0.0681 au
密度:0.249 木星密度
平衡温度:1604 K
WASP-169 系について
WASP-169b は低密度の木星型惑星である.

中心星 WASP-169 は F8 型の準巨星である.また 7” 離れた位置に暗い天体があることが,Gaia の観測で分かっている.この暗い天体の年周視差は WASP-169 と類似しているが,共動しているようには見えない.

惑星は低密度なため,大気の特徴付けの観測の良い対象である.この惑星の大気スケールハイトの推定値は 1300 km であり,これに対応する大気の透過シグナルは 121 ppm である.この惑星の大気は,将来的にジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡 (James Webb Space Telescope, JWST) で観測可能だろうと考えられる.

WASP-171 系

WASP-171
等級: V = 13.05
質量:1.171 太陽質量
半径:1.637 太陽半径
有効温度:5965 K
金属量:[Fe/H] = 0.04
年齢:59.08 億歳
距離:774 pc
WASP-171b
質量:1.084 木星質量
半径:0.98 木星半径
軌道周期:3.7176244 日
軌道長半径:0.05040 au
密度:1.13 木星密度
平衡温度:1642 K
WASP-171 系について
中心星 WASP-171 は G0 星であり,やや進化していると考えられる.

惑星 WASP-171b は典型的なホットジュピターである.
今回の観測で発見された惑星の中では最も平衡温度が高い.

視線速度の観測では,この系内には 3 番目の天体が更に遠方軌道に存在している可能性が指摘されている.その天体の下限質量は 10 木星質量だが,これが亜恒星天体かどうかを制約するにはさらなる観測が必要である.

WASP-175 系

WASP-175
等級:V = 12.04
質量:1.212 太陽質量
半径:1.204 太陽半径
有効温度:6229 K
金属量:[Fe/H] = 0.150
年齢:17.45 億歳
距離:584 pc
WASP-175b
質量:0.99 木星質量
半径:1.208 木星半径
軌道周期:3.0652907 日
軌道長半径:0.04403 au
密度:0.56 木星密度
平衡温度:1571 K
WASP-175 系について
中心星は F7 星であり,金属量は [Fe/H] = 0.150 である.

WASP-South サーベイで取得されたこの恒星の光度曲線は,7.9” 離れた位置にある恒星によって弱められていた.フォローアップ観測では 2 つの天体は空間的に分解され,それを元に光度曲線のフィッティングも行われている.
この近傍の天体は Gaia のデータでは似た年周視差を持っており共動していると考えられる.そのためこの系は S-type の広い連星軌道にある.伴星との射影した間隔は 4600 AU である.

惑星 WASP-175b は,初めて発見されたトランジット系外惑星である HD 209458b と類似している.また,異常に大きな半径を示すホットジュピターの一員である.

この惑星は低密度であり,大気の特徴付けのための観測の良い対象である.大気スケールハイトの推定値は 620 km であり,これは 150 ppm に相当する.

WASP-182 系

WASP-182
等級:V = 11.98
質量:1.076 太陽質量
半径:1.34 太陽半径
有効温度:5638 K
金属量:[Fe/H] = 0.27
年齢:59.52 億歳
距離:331 pc
WASP-182b
質量:0.148 木星質量
半径:0.850 木星半径
軌道周期:3.3769848 日
軌道長半径:0.0451 au
密度:0.240 木星密度
平衡温度:1479 K
WASP-182 系について
中心星 WASP-182 は G5 星で,金属量が多く [Fe/H] = 0.27 である.

惑星 WASP-182b は低密度であり,大気スケールハイトの推定値は 1930 km である.これは 264 ppm に相当する.

この惑星は,質量-軌道周期平面,半径-軌道周期の平面どちらにおいても,惑星の存在個数が少ないサブジュピター砂漠の境界付近に位置している.

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック