忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1904.10618
Kreidberg et al. (2019)
No Evidence for Lunar Transit in New Analysis of HST Observations of the Kepler-1625 System
(ケプラー1625 系のハッブル宇宙望遠鏡観測の新しい解析中に衛星トランジットの証拠は存在しない)

概要

ケプラーとハッブル宇宙望遠鏡を用いたケプラー1625 系の観測では,系外衛星候補天体であるケプラー1625b I の存在が示唆されている.この候補天体は,海王星半径の衛星であり,長周期の木星型惑星の周囲を公転しているとされている.

ここでは,ハッブル宇宙望遠鏡による観測結果の新しい解析を提供する.この解析では,独立したデータリダクションパイプラインを使用している.

その結果,ケプラー1625 系のトランジット光度曲線は,惑星だけのモデルでよくフィット可能であることを見出した.ベストフィットのカイ二乗検定は 1.01 であった.系外衛星を加えた場合でも光度曲線のフィットの品質は大きくは改善されなかった.

この結果を,Teachey & Kipping (2018) の元々の光度曲線と直接比較した.その結果,観測データへのフィットを行う際に,より少ない自由パラメータ (衛星を含まない) のモデルでより良くフィットできることを見出した.

今回の結果と過去の解析との相違点の考えられる原因について考察を行った,
その結果,先行研究で発見された系外衛星のトランジットシグナルは,データリダクションにおけるアーティファクトであると結論付けられる.この発見は,測定精度の限界を押し上げる結果を確認するためには,独立の解析パイプラインを開発する必要性があることを強調するものである.

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック