忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1912.01821
Wittenmyer et al. (2019)
Cool Jupiters greatly outnumber their toasty siblings: Occurrence rates from the Anglo-Australian Planet Search
(低温な木星型惑星はその炙られている仲間よりも圧倒的に多い:アングロ・オーストラリアン惑星探査からの存在頻度)

概要

太陽系外惑星の理解は過去 30 年の間に大きく進化してきたが,太陽系は異常なのか唯一の存在なのかについては,系外惑星を発見する手法に固有の観測バイアスが存在するため不明である.

Anglo-Australian Planet Search による 18 年間の観測データを用いて,”cool Jupiters”,すなわち太陽系の巨大惑星の木星と土星に類似した惑星の存在頻度を調査した.

その結果,このような惑星はホットジュピターと比べて本質的により一般的な存在であることを見出した.
低温なガス惑星の存在頻度は 6.73 (+2.09, -1.13)% と推定され,ホットジュピターの 0.84 (+0.70, -0.20)% と比べてほぼ一桁大きな存在頻度となる.また軌道長半径 ~1 au 以遠では.巨大惑星の存在頻度は実質的に一定であることも見出した.

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック