忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1912.02345
Schreiber et al. (2019)
Cold giant planets evaporated by hot white dwarfs
(高温な白色矮星によって蒸発させられる低温な巨大惑星)

概要

太陽に類似した恒星に近接した軌道を公転する海王星型惑星とホットジュピターで,極端紫外線放射によって駆動される大気散逸は,系外惑星の進化とその統計的性質の特性に重要な影響を及ぼす.

中間質量および低質量の恒星は,外層を放出して高温の白色矮星に進化した後の,恒星進化の最も最終段階において極端紫外線で最も明るくなる.このような若い白色矮星を公転する巨大惑星への強い極端紫外線放射の影響は,これまでに評価されてこなかった.

ここでは,太陽系内の巨大惑星は,太陽が一生を終えた後に形成される白色矮星からの極端紫外線放射によって,大きなハイドロダイナミックエスケープを経験することを示す.惑星から蒸発した揮発性物質の一部はかつて太陽だった白色矮星に降着し,検出可能な光球のスペクトル中の吸収線の原因となる.

現在知られている太陽系外巨大惑星の大部分は中心星が白色矮星に変化する段階を生き延びるため,蒸発する惑星大気が降着することによる白色矮星の観測的特徴は一般的なものであるあると期待される.実際,既知の単独の高温な白色矮星のうち 3 分の 1 は揮発性元素の吸収線を示しており.これが蒸発する惑星からの進行中の物質降着を示唆するものである可能性について議論する.

揮発性物質による汚染が見られる高温な白色矮星の割合は,白色矮星が冷えるにつれて急激に減少する.この温度依存性は,もし高温の白色矮星のうち 50% が現在も巨大惑星を持っている場合,蒸発する惑星大気からの降着によって説明できることを示す.

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック