忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1912.02821
Crouzet et al. (2019)
XO-7 b: A transiting hot Jupiter with a massive companion on a wide orbit
(XO-7b:遠方軌道に重い伴星を持つトランジットするホットジュピター)

概要

ホットジュピター XO-7b の発見と,2 番目の遠方の周極軌道にある重い天体の発見を報告する.これらの天体は,アマチュア天文家も含めた測光観測と視線速度フォローアップ観測から発見された.

XO-7b は 2.8641424 日周期で 0.709 木星質量,1.373 木星半径で,平均密度は 0.340 g cm-3.平衡温度は 1743 K のホットジュピターである.大気のスケールハイトが大きく,中心星が明るいことから,大気の特徴付け観測に非常に適している.

遠方軌道を公転する伴星は,視線速度中に 2 年間にわたって振幅 ~100 m s-1 の線形のトレンドとして検出された.視線速度の振幅から,最小質量は 4 木星質量と推定された.この天体は,惑星,褐色矮星,低質量の恒星のいずれの可能性もありうる.

ホットジュピターの軌道要素と,遠方の伴星の存在は,このホットジュピターの高軌道離心率移動を示すものである.全体として,この系はホットジュピターの大気特性や惑星移動の機構を理解する上で価値のあるものであり,巨大ガス系外惑星の形成と進化モデルに制約を与えるのを助けるだろう.

パラメータ

XO-7
等級:V = 10.52
距離:234.1 pc
スペクトル型:G0V
平衡温度:6250 K
金属量:[Fe/H] = 0.432
質量:1.405 太陽質量
半径:1.480 太陽半径
年齢:11.8 億歳
XO-7b
軌道周期:2.8641424 日
半径:1.373 木星半径
軌道長半径:0.04421 AU
軌道離心率:0.038
平衡温度:1743 K
質量:0.709 木星質量
密度:0.340 g cm-3

XO プロジェクト

XO プロジェクト (McCullough et al. 2005) は,地上の小さい望遠鏡を用いて明るい恒星周りのトランジット系外惑星を検出することを目的としたプロジェクトである.2005 年に始まり,5 つの近接巨大惑星 XO-1b - 5b を発見した (McCullough et al. 2006,Burke et al. 2007,Johns-Krull et al. 2008,McCullough et al. 2008,Burke et al. 2008).

その後,XO プロジェクトの第二弾が 2011-2012 年に開始し,2012-2014 年に観測が実行された.これにより,XO-6b という F5 星周りのホットジュピターが発見された (Crouzet et al. 2017).第二弾の XO プロジェクトでは,ユタ州 Kanab の Vermillion Cliffs Observatory,カナリア諸島・テネリフェの Observatorio del Teide,およびスペイン・Sant Esteve de la Sarga の Observatori Astron`omic del Montsec (OAdM) が観測地点であり,それぞれ 10 cm 口径の望遠鏡を用いている.
今回の発見が,おそらく XO プロジェクトでの一連の発見の最後になるだろう.

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック