忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:2001.01759
Xuan et al. (2020)
A Rotation Rate for the Planetary-Mass Companion DH Tau b
(惑星質量伴星おうし座DH星b の自転周期)

概要

DH Tau b (おうし座DH星b) は,~200 万歳の中心星 DH Tau (おうし座DH星) から射影距離 320 AU を公転する若い惑星質量天体である.推定質量は 8-22 木星質量で,重水素燃焼を起こすことが出来る限界質量付近におり,コア集積やペブル集積,円盤不安定性,あるいは分子雲の分裂から形成された可能性がある.

この天体の形成の歴史を明らかにするため,Keck/NIRSPEC での近赤外線の高分散分光観測 (R~25000) を行い,この天体の自転によるスペクトル線の広がりを初めて測定した.

おうし座DH星b の射影した自転速度 \(v \sin i\) は 9.6 ± 0.7 km/s で,この天体対して予測されている回転破壊速度の 9-15% の範囲内に対応している.この天体の自転が低速なことは,惑星への質量降着の最終段階における,天体と周惑星円盤の間の磁気的な結び付きによって角運動量が減少し,自転を律速するというシナリオの予測と一致している.

この自転速度を,他の惑星質量天体 (0.3-20 木星質量) で測定されている値と比較したが,この質量範囲内では自転速度と天体質量の間に相関があるという証拠は得られなかった.

最後に,この天体のスペクトル中に様々な分子の兆候が存在するかどうかを探査した.その結果スペクトルは一酸化炭素と水が支配的であり,メタンが存在する証拠は得られなかった.この結果は,おうし座DH星b が比較的高い有効温度を持つ (~2300 K) ことによる予想と一致する.

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック