忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1605.03941
Burkhart et al. (2016)
A Deep Search for Additional Satellites around the Dwarf Planet Haumea
(準惑星ハウメアのまわりのさらなる衛星の詳細な捜索)

概要

準惑星であるハウメアは,2 個の衛星を持ち,異常に速い自転をしており,またハウメア族と呼ばれる大きな衝突族 (collisional family) を持っている.そのため,太陽系外縁の天体のなかでも特に興味深いものの一つである.
※注釈
衝突族は,天体衝突によって作られた複数の天体の集まりを指す言葉である.一つの衝突イベントによって生成された多数の小天体から成り,組成が似ている,似通った軌道要素を持つなどの共通の特徴がある.ハウメアも,ハウメアへの天体衝突が原因と思われる衝突族を持っており,ハウメア属 (Haumea family または Haumean family) と呼ばれる.ハウメア族は,太陽系外縁天体における唯一の既知の衝突族である.
ハウメアの衛星と衝突族を形成するための自己無矛盾なシナリオは現在のところ不明であるが,提案されているいくつかの形成プロセスでは,冥王星まわりに見つかっている小さい衛星のように,ハウメアまわりにも多数の小さい衛星が形成されると予測されている.

カイパーベルト天体 (Kuiper Belt Object, KBO) まわりの規則衛星の詳細な捜索は観測的な制限から難しいが,ハウメアは十分なデータが存在する数少ない天体の一つである.

ここでは,ハッブル宇宙望遠鏡による観測結果の解析を行い,新たな小さい衛星を捜索した.詳細な捜索を行うため,non-linear shift-and-stack method を用いた.

その結果,新しい衛星は発見されなかった
またこの結果から,ハウメアまわりの未発見の衛星に対して制限をかけることができ,ハウメアから ~ 10000 - 350000 km の範囲では,衛星の幾何学的アルベドをハウメアと同程度の 0.7 であると仮定した場合,~ 10 km サイズ以上の衛星は存在しないと結論付けられた.

また,ハッブル宇宙望遠鏡による別のデータより,ハウメアのヒル半径内の大部分の領域において,~ 40 km 以上のサイズの衛星の存在も排除された.

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック