忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1605.03595
Lammer et al. (2016)
Identifying the "true" radius of the hot sub-Neptune CoRoT-24b by mass loss modelling
(質量損失モデリングによるホットサブネプチューン CoRoT-24b の "本当の" 半径の識別)

概要

トランジットする高温な系外惑星である CoRoT-24b, CoRoT-24c は,トランジット半径がそれぞれ 3.7 ± 0.4 地球半径と4.9 ± 0.5 地球半径,質量は ≤ 5.7 地球質量と 28 ± 11 地球質量と推定されてきた.これらの惑星の高層大気構造と散逸について,流体力学モデルを用いて調べた.

惑星のトランジット半径が惑星の物理半径 (圧力が 100 mbar となる半径) と仮定すると,CoRoT-24b では非現実的な大きさの熱駆動流体力学的散逸率となった.この値は,惑星の温度が高いことと,表面重力が小さいことに起因し,中心星からの極端紫外線フラックスとは独立であった.

このような大きな質量散逸率は,100 Myr 未満の期間しか継続しない.すなわち,質量放出率が極端紫外線が駆動する質量散逸率の可能な値と同程度か,それを下回る程度の値になる程度にまで惑星の物理半径が小さくなるまでの間しか継続しない.

従って,CoRoT-24b の実際の物理半径は 1.9 - 2.2 地球半径の範囲にあり,大気中の高高度におけるヘイズや雲による吸収がトランジット半径の大きさを実現している可能性がある.また惑星質量は 5 - 5.7 地球質量の範囲であるとの制限を付けた.

CoRoT-24c については,物理半径とトランジット半径は非常に近いという結果を得た.

このような,惑星の物理半径とトランジット半径の違いは,他の低密度なホットネプチューンでも起きうるかもしれない.

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック