忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1605.05091
Raetz et al. (2016)
YETI observations of the young transiting planet candidate CVSO 30 b
(若いトランジット惑星候補 CVSO 30b の YETI による観測)

概要

CVSO 30 は,一般的な星の周りで短周期のトランジット惑星候補と直接撮像による惑星候補が発見された初めての例であり,ユニークな若い低質量の星である.

内側の惑星である CVSO 30b は,弱輝線おうし座T型星 (weak-lined T-Tauri star) である CVSO 30 まわりのトランジット惑星候補である.この天体を,アジア,ヨーロッパ,南アメリカにある 5 つの Young Exoplanet Transit Initiative (YETI) の望遠鏡を用いて,合計 3 年間,144 夜に渡る観測をし,33 の減光イベントを検出した.また,さらに 2 季は 3 つの望遠鏡を用いてフォローアップ観測を行った.

その結果,減光イベントの光度曲線は時によって変化することが判明した.また,消失したり再出現したりすることも分かった.

観測された 38 の減光イベントのモデリングを行った結果,星,惑星,天体の配置などに関して,発見報告論文での値と比べるとやや小さいものの,概ね一致した.減光周期は先行研究よりも 1.36 秒短くなり,また精度は 100 倍上がっている.

もし CVSO 30b が歳差する軌道にある巨大ガス惑星である場合,歳差周期は先行観測での報告より短い.もしこの惑星の存在が確認されれば,これまでで最も若いトランジット惑星となる.また,惑星形成や軌道移動のタイムスケールに対して重要な制限を与えるだろう.

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック