忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1605.09180
Van Eylen et al. (2016)
The K2-ESPRINT Project V: a short-period giant planet orbiting a subgiant star
(The K2-ESPRINT Project V:準巨星を公転する短周期巨大惑星)

概要

トランジット惑星 K2-39b (あるいは EPIC 206247743b) の発見と特徴付けを行った.

この惑星は軌道周期が 4.6 日で,準巨星 (subgiant) を公転している惑星としては最も周期が短い.このような惑星は珍しく,わずかしか発見されていない.この原因はあまり分かっていないが,これまでにサーベイされている比較的大きな質量の恒星周りでは惑星の存在度が異なるか,あるいは惑星の潮汐破壊の結果によるものだと考えられる.

中心星の K2-39 は進化した恒星であり,分光観測からは 3.88 太陽半径,1.53 太陽質量と判明した.K2-39b の軌道長半径と K2-39 の半径の比率は 3.4 であり (恒星半径の 3.4 倍のところを惑星が公転している),非常に近接した惑星である.

HARPS, FIES, PFS で視線速度観測も行った結果,惑星の質量は 50.3 地球質量,半径は 8.3 地球半径であり,平均密度は ~ 0.50 g cm-3 であった.

また,更に長い視線速度のトレンドが検出された.そのため,長周期の惑星もしくは伴星が存在すると考えられる.

K2-39b は短周期であるため,準巨星まわりと主系列星まわりの惑星の存在頻度の違いを全て潮汐破壊に求めるのは困難であるかもしれない.将来的な観測で,この惑星の軌道の減衰の検出や,準巨星の潮汐散逸率が明らかになる可能性がある.

パラメータ

K2-39
等級:10.83 等
有効温度:4881 K
金属量:[Fe/H] = 0.32
質量:1.53 太陽質量
半径:3.88 太陽半径
年齢:3.09 Gyr
K2-39b
軌道周期:4.60543 日
質量:50.3 地球質量
半径:8.2 地球半径
平均密度:0.50 g cm-3
軌道長半径:0.062 AU

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック