忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1606.06729
David et al. (2016)
A Neptune-sized transiting planet closely orbiting a 5-10-million-year-old star
(500 - 1000万歳の恒星近傍を公転する海王星サイズのトランジット惑星)

概要

惑星の形成過程は未解決の問題が多く残されている.中心星近くでの惑星のその場形成は難しく,大きなスケールでの惑星の軌道移動が存在したことを示唆する理論が提案されている.

ここでは,軌道周期 5.4 日のトランジット惑星 K2-33b の発見を報告する.この惑星は海王星より 50%大きく,質量は 3.6 木星質量以下である.おそらく真の質量は海王星の数倍程度であろうと考えられる.

中心星は 500 - 1000万歳と若く,2 AU 程度の距離まで広がった薄いダスト円盤を持つ.

観測の詳細

K2-33 とその所属星団

中心星は,USco 161014.75-191909.3,あるいは K2-33 であり,数百万歳の M 型星である.ケプラーの K2 ミッションで観測され,その後 Keck Observatory で視線速度観測が行われた.

トランジット観測では,5.4 日おきに,継続時間が 4.2 時間,深さが 0.23%のトランジットを起こしていることが確認された.

K2-33 は,Upper Scorpius OB Association の一員である.ここは,太陽系に最も近い大質量星形成領域 (~ 145 pc) である.この星団の年齢は,運動学的,ヘルツシュプルング=ラッセル図から,また食連星の分析などから,500 - 1000万歳と推定されている.K2-33 自身も,スペクトル線や自転速度 (スペクトルの吸収線の広がりから算出) などから,若い天体であることが分かっている.
※注釈
Upper Scorpius OB Association は,さそり座の領域にある Association (アソシエーション,非常に緩やかに広がった星団) の名称.
Association とは同じ起源を持ち,重力的には束縛されていない状態で同じ方向に運動している星の集団である.またその中で,スペクトル型 O 型と B 型の大質量の恒星を含むものを,OB association と呼ぶ.

Upper Scorpius OB Association は,Scorpius–Centaurus Association (さそり座-ケンタウルス座アソシエーション) という大きな Association の一部分であり,この大きな Association は Upper Scorpius, Upper Centaurus–Lupus, Lower Centaurus–Crux の 3 領域に分割される.
詳細は Scorpius–Centaurus Association - Wikipedia, the free encyclopedia

パラメータ

K2-33
スペクトル型:M3
有効温度:3410 K
半径:1.1 太陽半径
質量;0.31 太陽質量
自転周期:6.3 日
K2-33b
軌道周期:5.42513 日
軌道長半径:0.0409 AU
半径:5.76 地球質量
質量:3.6 木星質量未満
平衡温度:850 K (黒体を仮定)

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック