忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1608.04714
Stevens et al. (2016)
KELT-12b: A P∼5 Day, Highly Inflated Hot Jupiter Transiting a Mildly Evolved Hot Star
(KELT-12b:やや進化した高温星をトランジットする,5 日周期の,大きく膨張したホットジュピター)

概要

やや進化した中心星の周りに,トランジット法を用いて木星質量の膨張した半径を持つ惑星 KELT-12b を発見した.

最初のトランジットシグナルは,KELT-North サーベイによって検出された.またその後,精密な測光観測,高分解能の分光観測,視線速度観測,補償光学を用いた撮像観測によってフォローアップを行った.

中心星は TYC 2619-1057-1 であり,等級は 10.64,有効温度は 6278 K,金属量は [Fe/H] = 0.19 であり,質量は 1.59 太陽質量,半径は 2.37 太陽半径であった.
惑星は質量が 0.95 木星質量,半径は 1.79 木星半径である.平均密度は 0.21 g cm-3 で,発見されている中で最も膨張した巨大惑星の一つである

KELT-12b の軌道長半径は ~ 0.07 AU,軌道周期は 5.03 日と中心星からはやや離れているが,受け取る日射量は 2.93 × 109 erg s-1 cm-2 と大きい.

また,高温 (> 6250 K) と低温度星まわりの惑星の半径と受け取る日射量の関係を比較した.高温の恒星周りにある日射量の小さいトランジット惑星は数が少ないが,これは観測の選択効果によるものである.

今後の,長期間に渡る地上からの高温の恒星のモニタリングと,宇宙空間からのトランジット惑星サーベイ用の宇宙機 TESS (Transiting Exoplanet Survey Telescope) での,比較的長い周期を持つ膨張した巨大ガス惑星探査の重要性を示す結果である.

パラメータ

KELT-12 (TYC 2619-1057-1)
別名:GSC 02619-01057,2MASS J17503372+3634128
等級:10.64
質量:1.592 太陽質量
半径:2.37 太陽半径
有効温度:6278 K
金属量:[Fe/H] = 0.194
距離:360 pc
年齢:2.2 Gyr
KELT-12b
軌道周期:5.031450 日
軌道長半径:0.06710 AU
質量:0.95 木星質量
半径:1.79 木星半径
平均密度:0.207 g cm-3
平衡温度:1800 K

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック