忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1701.01512
Yu et al. (2017)
A hot Jupiter around the very active weak-line T Tauri star TAP 26
(非常に活発な弱輝線おうし座 T 型星 TAP 26 まわりのホットジュピター)

概要

弱輝線おうし座 T 型星 (weak-line T Tauri star) である TAP 26 の分光偏光観測および測光観測の結果を報告する.この観測は,3.6 m Canada-France-Hawaii 望遠鏡の ESPaDOnS 分光偏光計を用いた MaTYSSE プログラムの中で行われた.観測には,Zeeman-Dopplar Imaging を適用し,観測は 2015年11月と2016年1月に集中して行われた.

観測から,この星の表面輝度と磁場のマップを作成した,得られた表面輝度と磁場の分布は,星の差動回転のみでは説明できない時間的な進化を持つことを実証した.

また,TAP 26 まわりにホットジュピターが検出されたことも併せて報告する.
この惑星は 3 つの異なる手法を用いて検出された.2 つは Zeeman-Dopplar Imaging (ZDI) を用いたもので,1 つは Gaussian-Process Regression (GPR) を用いたものである.このシグナルが惑星由来でない確率,つまり偽陽性確率 (false positive probability) は 6 × 10-4 より小さい.

しかし観測期間に関連するエイリアシングの結果,軌道周期は一意には決定できなかった.軌道周期の解で最も尤度が高かったのは 10.79 日であり,その次が 8.99 日であった.

最も尤度が高い解を仮定し,また惑星は恒星の赤道面を公転していると仮定すると,惑星の最小質量は 1.66 木星質量,軌道長半径は 0.0968 AU となった.

この新しい惑星の検出は,円盤の type II 軌道移動は新しいホットジュピターの生成に効果的であり,またホットジュピターは,より成熟した恒星よりも,若いおうし座 T 型星のまわりによく存在することを示唆する.(ただし,あるいは MaTYSSE の観測対象サンプルがホットジュピターを持つ恒星に偏っているという可能性もある).
※注釈
TAP: Taurus Auriga Perseus の略.それぞれ,おうし座,ぎょしゃ座,ペルセウス座を意味する.分子雲の集まった領域である,Taurus-Auriga and Perseus molecular cloud complexes における前主系列星 (pre-main sequence stars, PMS) の X 線サーベイのカタログ (Feigelson et al. 1987) の名称である.全 69 個のおうし座 T 型星 (T Tauri star) が収録されている.
TAP 26 は,そのうちカタログの 26 番目の天体.

MaTYSSE: Magnetic Topologies of Young Stars and the Survival of close-in massive Exoplanets の略称.観測プロジェクトの名称.

ESPaDOnS: an Echelle SpectroPolarimetric Device for the Observation of Stars at CFHT の略称.分光偏光観測の機器の名称.

CFHT: Canada-France-Hawaii Telescope の略称.カナダ・フランス・ハワイ望遠鏡.ハワイのマウナケアにある望遠鏡の名称.

惑星の検出手法について

3つの異なる技術を,TAP 26 の視線速度曲線を特徴づけるために使用した.

はじめの 2 つは Donati et al. (2016) で用いられたものであり.ZDI の助けを得てモデル化した活動度を除去する方法と,惑星のパラメータと恒星活動を同時にフィットする方法である.
3 つ目は Haywood et al. (2014) と Rajpaul et al. (2015) に基づくもので,GPR を用いて生の視線速度データから活動を直接モデル化するもの.

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック