忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1702.06356
Michikoshi & Kokubo (2017)
Simulating the Smallest Ring World of Chariklo
(カリクローの最小のリング系のシミュレーション)

概要

ケンタウルス族の Chariklo (カリクロー) の周りには,2 つの濃く細い環が発見されている.小さい天体の周りのこのような環の存在は,多くの疑問点を提起する.例えば,環の起源,安定性と寿命などである.

カリクローの環の性質を調べるため,自己重力的な衝突系粒子を用いた環のグローバルな N 体シミュレーションを初めて行った

その結果カリクローの環においては,環の物質の速い拡散を防ぐためには,カリクローは環の物質よりも高密度である必要があるということを発見した.
もしカリクローが環の物質より高密度であれば,自己重力ウェイク (self-gravity wakes) と呼ばれる微細な渦状構造が内側の環の中に生じる.これらのウェイクは環の粘性拡散を加速し,またこれらはメートルサイズの粒子に対しては 100 年程度の典型的な拡散のタイムスケールを持つ.これは過去の研究から示唆されるタイムスケールよりも短い.

これらの結果より,カリクローの周りに細い環が存在するということは,環を構成する粒子は小さいか,あるいは羊飼い衛星が存在しているということが示唆される

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック