忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1703.03417
Mills et al. (2017)
Mass, Density, and Formation Constraints in the Compact, Sub-Earth Kepler-444 System including Two Mars-Mass Planets
(2 つの火星質量惑星を持っているコンパクトなサブアース系ケプラー444 の質量・密度・形成への制限)

概要

ケプラー444 はおよそ 110 億歳の恒星であり,5 つの惑星を持つことが分かっている.5 つのトランジット惑星はどれも地球より小さい半径を持ち,軌道周期は 3 - 10 日の範囲というコンパクトな軌道配置をしている.

ここで,ケプラーのデータセットからトランジットのタイミングの解析を行い,各惑星の質量を推定した.

ケプラー444d とケプラー444e は,トランジット時刻変動を作る共鳴の配置により,質量を検出した.それぞれ,0.036 (+0.065, -0.020) 地球質量,0.034 (+0.059, -0.019) 地球質量と推定される.

これらの惑星の質量比と,恒星と惑星の間に起こり得る潮汐効果の大きさを考慮すると,この系の現在観測されている軌道配置は,惑星形成後の大きな変動がない場合は,遠方からのスムーズな円盤内惑星移動では説明できないと推測される.

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック