忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1703.06885
Malavolta et al. (2017)
The Kepler-19 system: a thick-envelope super-Earth with two Neptune-mass companions characterized using Radial Velocities and Transit Timing Variations
(ケプラー19 系:視線速度とトランジット時刻変動を用いて特徴づけられた厚いエンベロープを持つスーパーアースと 2 個の海王星質量惑星)

概要

ケプラー19 系の詳細な特徴付けについて報告する.ケプラー19 は,9.29 日周期,2.2 地球半径,質量の上限が 20 地球質量のトランジット惑星ケプラー19b を持つことが知られている.また,ケプラー19b のトランジット時刻変動 (transit timing variation, TTV) から,トランジットしていない 2 番目の惑星の存在が示唆されている.しかしこちらは質量も軌道周期も決定されていない.

ここでは,ケプラーによるこの系の全観測データと,HARPS-N 分光器による 91 の高精度視線速度観測の結果を合わせ,ケプラー19b の質量を 8.4 ± 1.6 地球質量と測定した

また同じデータから,この惑星系が同一平面であることを仮定し,ケプラー19c が 28.7 日周期,質量が 13.1 ± 2.7 地球質量であると決定した.さらに,20.3 ± 3.4 地球質量で 63 日周期の海王星的な惑星ケプラー19d を新たに発見した

ケプラー19b の密度は 4.32 g cm-3 であり,岩石コアと大量の割合の揮発性物質を持つ惑星のグループに属している.

ケプラー19系 について

ケプラー19 は等級が 12.1 と比較的明るい,太陽型星 (5541 K,[Fe/H] = -0.13) である.

この恒星はトランジットによって惑星が検出され (Borucki et al 2011),その後ケプラー19b とsて確認されている (Ballard et al. 2011).しかし質量の決定精度は悪く,20.3 地球質量という上限が与えられているのみであった.また,160 日周期以下,6 木星質量以下のケプラー19c の存在が示唆されていた.

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック