忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1703.09229
Schmitt et al. (2017)
A Search for Lost Planets in the Kepler Multi-planet Systems and the Discovery of the Long-period, Neptune-sized Exoplanet Kepler-150 f
(ケプラー複数惑星系での見失われた惑星の探査と長周期の海王星サイズの系外惑星ケプラー150f の発見)

概要

ケプラーによるミッションで発見された 4700 個の確定した惑星と惑星候補天体の大部分は,ケプラーパイプライン (Kepler pipeline) を通じて発見されたものである.このパイプラインでは,惑星によるトランジットのシグナルが発見されると,それらのトランジットと関連しているすべてのデータ点は除去され,”スイスチーズ状" の穴だらけの光度曲線が作られ,それがその後のさらなる別の惑星によるトランジットの探査に使用される.これらの穴は,未検出の別の惑星を検出できなくしたり,“失わせたり” することがある

ここでは,この光度曲線の “スイスチーズ化” の影響を評価するため,3 個以上の惑星が確認されている 114 個の恒星のサンプルを調査した.シミュレーションによると,トランジット惑星がトランジットのマスキングによって見失われる確率は低いが,無視できない程度の値であるという事が示唆された.軌道周期が 400 - 500 日の範囲の惑星の場合,~ 3.3%の確率でシグナルが失われる

また,全ての惑星のトランジットをモデリングし,それぞれの星についてトランジットシグナルを差し引いた.トランジット中のデータ点を復元し,ケプラーパイプラインを用いてトランジットを差し引いた光度曲線を調べた,しかしケプラーパイプラインは,信頼性のある新しいトランジットシグナルを検出しなかった.これはケプラーパイプラインの有効性と堅牢性を示す結果である.

しかし,トランジットを差し引いた全てのデータのフォローアップの視覚的探査からは,これまで検出されていなかった海王星サイズの系外惑星 ケプラー150f が検出された.また,恐らくは偽陽性である単一のトランジット状イベントがケプラー208 で検出された.

ケプラー150f は周期が 637.2 日,大きさは 3.64 地球半径で,99.998%の確度で惑星と確認された.

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック