忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1703.09285
Louden et al. (2017)
A precise optical transmission spectrum of the inflated exoplanet WASP-52b
(膨張した系外惑星 WASP-52b の詳細な可視光透過スペクトル)

概要

WASP-52b の詳細な可視光での透過光スペクトルを測定した結果を報告する.この惑星は大きく膨張したホットジュピターで,平衡温度 1300 K である.

William Herschel Telescope の auxiliary-port camera を用いて,2 回の低分散分光観測によるトランジット観測データを取得した.この観測では 4000 - 8750 Å の波長帯をカバーしている.

多波長の光度曲線の相関ノイズのモデルに対してガウシアンプロセスを用い,高精度な相対透過光スペクトルを得た.誤差のの大きさは 1 圧力スケールハイト程度のオーダーになった.

得られたスペクトルを様々なモデル大気に対してフィットを試みたが,スペクトル領域全体で十分な一致を見せるものは発見されなかった.
観測した波長範囲の大部分である,4000 - 7750 Å ではスペクトルは平坦であり,これは 0.1 mbar の高度での光学的に厚く灰色の雲層の存在によって説明できる,しかし 7750 Å 以上の波長帯ではトランジットはやや深く,雲層の存在とは非整合である.この波長帯での特徴について,明確な機器の系統による影響は発見出来なかった.そのため,この不透明度は未知の別の吸収源によるものだと考えられる

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック