忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1704.01112
Ricci et al. (2017)
Multi-filter transit observations of HAT-P-3b and TrES-3b with multiple Northern Hemisphere telescopes
(複数の北半球の望遠鏡による HAT-P-3b と TrES-3b のマルチフィルタートランジット観測)

概要

トランジット惑星 HAT-P-3bTrES-3b の可視光と近赤外のフィルターを用いた測光フォローアップ観測を行った.

観測には北半球の 4 つの小サイズの望遠鏡 (口径 36 - 152 cm) を使用した.このうち 2 つの装置は,この観測が初めての科学的成果である.

HAT-P-3b は 10 個の新しい光度曲線,TrES-3b は 26 個の光度曲線を得た.2 つの異なる解析パッケージを用いて光度曲線を解析し,過去の観測結果の軌道要素と物理パラメータを確認した.

解析の結果,観測したフィルターでの相対的な半径の違いは発見できなかった.HAT-P-3b の B バンドでの惑星-恒星半径比 0.1112 の測定は初めてであり,またこの結果は V R I z’ J H フィルターでの値と同じであった.
TrES-3b については,軌道周期を 1.3061862 ± 0.0000001 日と決定した.この値は,これまでの測光観測された 9 年間で線形変化を持たない.

観測に使われた望遠鏡

San Pedro M ́artir – Observa- torio Astron ́omico Nacional (OAN-SPM) (北西メキシコ,口径 84 cm)
Observatorio de la Universidad de Monterrey (UDEM) (メキシコ,Nuevo Leon,口径 36 cm)
Telescopio Carlos S ́anchez (TCS) at the Observatorio del Teide (OT) (スペイン,テネリフェ,口径 152 cm) ここに設置された WIDE-FASTCAM は新しい装置である.
Osservatorio Astronomico Regionale Parco Antola, comune di Fascia (OARPAF) (イタリア北部,口径 80 cm) 新しく設置された望遠鏡.

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック