忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1704.05440
Tremblin et al. (2017)
Advection of potential temperature in the atmosphere of irradiated exoplanets: a robust mechanism to explain radius inflation
(輻射を受ける系外惑星大気中での温位の移流:半径異常を説明する有力な機構)

概要

強い輻射を受けている系外惑星が持つ異常に大きな半径は,天文学における大きな問題点として残されている.ここでは,半径異常を説明するための新しいメカニズム,すなわち,質量と経度方向の運動量保存による温位 (potential temperature) の移流を提案する.これは地球の大気や海洋で発生している過程である.

今回の提案は 2 次元の定常状態大気循環モデルを元にしており,またこの定常状態大気循環モデルは 3 次元計算の結果との比較によって有効性が評価されているものである.

大気の深い領域では,消滅する加熱フラックスは 1 次元計算で得られているものよりも大気構造を高温の断熱構造へ変換する.これは惑星の半径を大きくすることを示唆している.このモデルでは HD 209458b の観測されている大きな半径を再現するだけではなく,トランジット惑星で観測されている,膨張半径と輻射の相関関係も再現できる.非一様な大気の加熱によって誘起される温位の垂直方向の移流が,輻射を受けるホットジュピターの膨張半径のメカニズムである可能性がある.

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック