忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1704.07771
Temple et al. (2017)
WASP-167b/KELT-13b: Joint discovery of a hot Jupiter transiting a rapidly-rotating F1V star
(WASP-167b/KELT-13b:高速自転する F1V 星をトランジットするホットジュピターの合同発見)

概要

WASP と KELT プロジェクトの合同での新しい惑星の発見を報告する.

発見された系外惑星は WASP-167b/KELT-13b で,2.02 日の公転周期でトランジットするホットジュピターである.中心星は等級が V = 10.5,スペクトル型は F1V 星で,金属量 [Fe/H] = 0.1 ± 0.1 である.
惑星は 1.6 木星半径で,この惑星はトランジット中の恒星の line profile のドップラートモグラフィ (Dopper tomography) によって確認された.

真の質量は不明だが, 8 木星質量という上限値を与えた.
この惑星は逆行軌道にあり,恒星の自転軸と惑星の公転軸との射影された射影角度は -165° である.この事は,高温の恒星を公転する惑星の軌道は傾いている場合が多いという,これまでに知られている傾向と一致するものである.

中心星の WASP-167/KELT-13 は,恒星の自転周期が惑星の公転周期よりも短い系のうちの一つであり,このような系は発見数が少ない.また,動径方向ではない恒星の脈動の証拠を発見した.そのためこの恒星は, δ-Scuti (たて座デルタ型変光星) か γ-Dor (かじき座γ型変光星) であると考えられる.(※注釈:δ-Scuti は動径方向と非動径方向の脈動で変光が起きる.γ-Dor は非動径方向の脈動で変光が起きる).

ホットジュピターを持つ恒星が脈動を示す例としては他に WASP-33 があり,近接する惑星は恒星の脈動を励起する可能性があるという例の一つである.

パラメータ

WASP-167/KELT-13
別名:2MASS J13041053–3532582 など
等級:V = 10.5
有効温度:6900 K
金属量:[Fe/H] = 0.1 ± 0.1
質量:1.59 太陽質量
半径:1.79 太陽半径
WASP-167b/KELT-13b
軌道周期:2.0219591 日
軌道長半径:0.0365 AU
半径:1.51 木星半径
質量:8 木星質量未満

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック