忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1705.06851
Nielsen et al. (2017)
Evidence that the Directly-Imaged Planet HD 131399 Ab is a Background Star
(直接撮像された惑星 HD 131399 Ab は背景星であるという証拠)

概要

最近直接撮像で発見された惑星である HD 131399 Ab は,ゼロでない固有運動を持つ背景星であるという証拠について報告する.

この天体について,新しい JHK1L’ 測光と分光観測を,Gemini Planet Imager,VLT/SPHERE,Keck/NIRC2 で取得した.また VLT/SPHERE での発見データの再解析を行った.

観測結果から,HD 131399 Ab の色,スペクトル,アストロメトリを導出した.近赤外でのこの天体のスペクトルエネルギー分布から,この天体が L0 よりも後期のスペクトル型を持つ可能性を排除した.また,スペクトル型としては K か M 型矮星と整合的であると考えられる.これは,この領域でこの等級で検出され得る背景天体としては,最もあり得るスペクトル型である.

もしこの天体が物理的に中心星 HD 131399 A に伴っている天体であったとすると,HD 131399 Ab の天球面への射影速度は,HD 131399 A との距離とその質量から計算される脱出速度を超える.

HD 131399 Ab の固有運動は 12.3 mas yr-1 と導出された.この値は,銀河モデルから導出される背景星の固有運動と比較して高いものである.しかし,背景星の中で最も高速で動くものの上位 4%とは整合的な値である.

そのため,HD 131399 Ab は背景の K 型星か M 型星だろうと考えられる

HD 131399 系について

HD 131399 は若い (16 ± 7 Myr) 三重星系である.Upper Centaurus Lupus アソシエーションという運動星団の中に存在する.このアソシエーションは,更に大きい Scorpius-Cenraurus (ScoCen) アソシエーションに属するサブグループである (de Zeeuw et al. 1999).

この系は階層的三重星であり,中心にスペクトル型 A1V の恒星が存在し (Houk & Smith-Moore 1988),この恒星から ~ 300 AU 離れた位置に,G 型星と K 型星からなるコンパクトな連星がある (Dommanget & Nys 2002).

この系では,Very Large Telescope (超大型望遠鏡,VLT) の Spectro-Polarimetric High-contrast Exoplanet REsearch instrument (SPHERE) での観測の最中に,~ 82 AU の位置に惑星候補が検出されていた (Wagner et al. 2016).固有運動の解析から,見かけ上動かない背景星であるというシナリオは排除されている.これは,この天体が中心星と同じような固有運動を持っていたからである.さらにフォローアップ観測では,HD 131399 A を公転する軌道と整合的な動きが検出されていた.

今回の観測は,そのさらなるフォローアップ観測であった.





この論文を受けて,NASA Exoplanet Archive では HD 131399 Ab を確定した系外惑星のリストから除外しています.

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック