忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1507.08902
Kataoka et al. (2015)
Grain size constraints on HL Tau with polarization signature
(偏光特性を用いたHL Tauの粒子サイズへの制限)

概要

HL Tauまわりの自己偏光している原始惑星系円盤のミリ波偏光の新しい解釈について。
ダストの自己散乱光で、観測されている偏光の特徴を説明可能である。
また検出された偏光は、ダスト粒子の最大サイズが 150 μmの時のみ説明可能である。
この結果は、初期段階の星周円盤でのダストサイズに強い制限を与える。またこのサイズの制限は、これまでに予想されていた ~ mmサイズとは相反する結果である。

偏光から示唆されているダスト粒子のサイズは、ガスの圧力バンプにトラップされるには小さすぎる。
このことは、惑星形成理論において粒子の成長を止めるメカニズムの存在を要求するか、あるいはダスト粒子は非常に多孔質であることを示唆するものである。





ALMAでHL Tauの円盤の詳細な画像が得られてからはこの天体がアツいですが、この論文は観測的な特徴からダストのサイズに制限を与えようというものです。

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック