忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1711.02566
Delrez et al. (2017)
High-precision multi-wavelength eclipse photometry of the ultra-hot gas giant exoplanet WASP-103 b
(超高温巨大ガス系外惑星 WASP-103b の高精度多波長食測光)

概要

超短周期のホットジュピター WASP-103b の,16 回の掩蔽と 3 回のトランジットの光度曲線の観測結果について報告する.また,測光観測に加えて,5 セットの新しい視線速度の測定も行った.

これらの観測結果を,過去のこの惑星の観測データと併せて解析を行った.


その結果,惑星からの熱放射を,z’ バンドと Ks バンドの両方で検出した.
二次食事の掩蔽の深さは,各バンドでそれぞれ 699 ppm と 3567 ppm であった.

このデータと,最近発表されたハッブル宇宙望遠鏡の WFC3 を用いた観測とを併せて,この惑星の昼側の大気の特性について制約を与えた.

z’ バンドと WFC3 のデータは,この惑星の大気について,等温の 2900 K の大気か,水蒸気の存在度が低い大気でよくフィットできることを発見した.
一方で,これらのモデルと比べて予想外に大きな超過を Ks バンドに発見した.この結果に関しては物理的な解釈を行う前に,追加の観測による確認を要する.


グローバルなデータ解析からは,広帯域の可視光の透過スペクトルを得た.
700 nm 周辺に極小を持ち,そこから長波長・短波長側の両方に向かって増加していく特徴を示す.これは過去の観測と解析結果と整合するものである.

この透過スペクトルの変わったプロファイルは,理論モデルとは合致しないものである,また,より高いスペクトル分解能での最近の観測では確認されていない.放射スペクトルと透過スペクトルの両方の更なるデータが,この惑星の大気特性に制約を与えるのに必要である.

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック