忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1711.07535
Ferrin & Zuluaga (2017)
1I/2017 U1 (Oumuamua) Might Be A Cometary Nucleus
(オウムアムアは彗星の核であるかもしれない)

概要

恒星間天体 1I/2017 U1 (Oumuamua) (オウムアムア) は,これまでの測光観測ではコマや尾の存在は確認されていない.現段階では,この天体は彗星ではなく小惑星であるというのがコンセンサスである.

また,この天体の色は励起されたカイパーベルト天体や,あまり赤くない木星トロヤ群小惑星と類似しており (Bannister et al. 2017),カイパーベルト天体の色とも類似している (Masiero 2017).その他,D 型トロヤ群小惑星や内部太陽系の天体の平均の色とも範囲が被っており,一方でカイパーベルト天体のうち特に赤いものとは非整合である (Jewitt et al. 2017).


ここでは,オウムアムアが彗星起源の天体であるという兆候について報告する.

観測から得られた,B-V とV-R の値をダイアグラムにして,太陽系内の様々な天体との比較を行った.

太陽系内の彗星核をこのダイアグラムに図示すると,傾いた直線の上に乗る.これを「彗星核のカラーの主系列」とみなす.
1I/2017 U1 の色をこのダイアグラム上に図示すると,この主系列の上に乗ることが分かる.そのため,この天体は彗星の核であることが示唆される.


Meech (2017) での撮像観測ではコマが存在するという証拠は得られなかったが,この事によってオウムアムアが彗星である可能性を否定することは出来ない.その理由は,この天体は近日点通過の 39 日後に発見されており,近日点付近での観測は存在しないからである.

非活発な彗星核の中には,彗星としての活動期間が短いものがある.例えば 107P/Wilson-Harrington (ウィルソン・ハリントン彗星) の場合は,35 ± 5 日の間しか彗星活動を見せなかった (Ferrin et al. 2017).

そのため,この天体が母天体の系のどこに起源を持つのかは分からない.惑星系の内側領域かも知れないし,その系の小惑星メインベルトかもしれないし,木星のような惑星近傍領域や,その系のオールトの雲のような領域からかもしれない.

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック