忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1712.01042
Mroz et al. (2017)
A free-floating planet candidate from the OGLE and KMTNet surveys
(OGLE と KMTNet サーベイからの自由浮遊惑星候補)

概要

現在のマイクロレンズサーベイは,地球質量天体の free-floating planet (自由浮遊惑星,恒星を公転せず単独で存在する惑星質量の天体) を検出できる感度がある.

重力的に束縛されていない惑星に関する,全ての公開されているマイクロレンズイベントは,そのイベントのタイムスケールが短い (2 日以下) ことに基づいて同定されている,しかしこれらの観測はアインシュタイン角半径の測定が出来ておらず,そのためにレンズ天体の質量への強い制約は掛けられていなかった.


ここでは,海王星質量の自由浮遊惑星候補天体の検出について報告する.
検出されたマイクロレンズイベントの名称は OGLE-2016-BLG-1540 であり,このイベントはタイムスケールが 0.320 日と非常に短かった.このイベントでは強い有限ソース効果が検出され,これによってこのマイクロレンズイベントのアインシュタイン角半径の測定が可能となった.測定されたアインシュタイン角半径は 9.2 µas である.
しかし,レンズ天体の質量とレンズ天体までの距離の縮退は残った.

ソース天体の固有運動と,ソース天体・レンズ天体の相対固有運動の測定からは,この天体は銀河円盤に位置する海王星質量の天体がレンズ天体である,と考えるのがもっともらしい.しかし,レンズ天体が銀河バルジに属している土星質量天体であるという可能性も否定はできない.

なお,恒星がこの天体の ~ 15 au 以内に存在している可能性は排除される.

マイクロレンズのレンズ天体とソース天体の相対的な固有運動が大きいため,比較的近い将来に,高解像度観測を用いて恒星の companion を検出できる可能性がある.

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック