忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1802.01024
García Muñoz (2018)
On mapping exoplanet atmospheres with high-dispersion spectro-polarimetry. Some model predictions
(高分散分光偏光での系外惑星大気のマッピングについて.いくつかのモデル予測)

概要

惑星は,中心星から受け取った光を反射して直線偏光を起こす.このとき生じる偏光は,ガス組成,凝縮物の発生とその光学的特性などの,惑星大気の特徴に影響を受ける.これらの情報を抽出することは,系外惑星の特徴付けのための大きな一歩となる.

今回の数値シミュレーションでは,空間的に分解されていない系外惑星が,惑星-恒星系の強度スペクトル (輝度スペクトル) と高分散直線偏光の相互相関から検出できることを示す.

惑星で反射された恒星光のドップラーシフトは,このシグナルを星間物質や地球大気によって引き起こされる偏光と分離するのを助ける.これを行うためには,惑星を調べるための軌道位相と波長の選択が非常に重要である.しかし,最も良い選択は,先験的には未知である惑星大気の情報に部分的に依存する.


非一様な雲の被覆を持つ,近接巨大系外惑星の場合を詳細に記述する.このような惑星では,恒星直下点の東西の半球はそれぞれ異なる偏光を生成する.

10 m 口径の望遠鏡での数時間オーダーの積分時間での観測の場合,この手法は等級が V = 5.5 の恒星を公転する惑星の,10 ppm の偏光を持つ非対称な雲仮説のいくつかを識別することが出来る.また,将来的な 30 - 40 m クラスの望遠鏡に高分散分光偏光器を設置した場合,より暗い恒星周りの小さい惑星の直線偏光を探査可能であり,また偏光スペクトル中の分子の特徴を探査可能である.

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック