忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1804.09159
Sun et al. (2018)
Photometric Follow-up Transit (Primary Eclipse) Observations of WASP-43 b and TrES-3b and A Study on Their Transit Timing Variations
(WASP-43b と TrES-3b のトランジット (一次食) 測光フォローアップ観測とそれらのトランジット時刻変動の研究)

概要

Xuyi (盱眙) Near-Earth Object Survey Telescope を用いて,WASP-43b のフォローアップ観測と,TrES-3b の 4 回のトランジットの観測を行った.微分測光と光度曲線解析から,2 つの系の物理パラメータを導出し,過去の結果と合うことを確認した.

トランジットデータを過去の結果と比較し,両方の系の O-C 残差を線形と二次関数の両方でフィットした.線形フィッティングからは,軌道周期とトランジット時刻変動 (transit timing variation, TTV) を得る.その結果,周期的な TTV が存在する明確な証拠は得られなかった.

TTV が検出されなかったことから,既存の惑星と 1:2 平均運動共鳴の位置に惑星が存在したと仮定した場合の質量の上限値として,WASP-43 系で 1.826 地球質量,TrES-3 系で 1.504 地球質量という値を与えた.

二次関数でフィットした場合,WASP-43b は軌道崩壊による長期間の TTV を持っている可能性があることが分かった.軌道崩壊率 (軌道周期の減少率) は 1 年あたり -0.005248 ± 0.001714 秒と推定される.この結果から,恒星の潮汐クオリティパラメータの下限値は 1.5 × 105 と推定される.

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック