忍者ブログ
日々の感想などどうでもよいことを書き連ねるためだけのブログ。
論文関連の(ほぼ)個人用メモ。



arXiv:1804.11006
Lynch et al. (2018)
The detectability of radio emission from exoplanets
(系外惑星からの電波放射の検出可能性)

概要

太陽系内の磁場を持った惑星と同様に,磁場を持った系外惑星は電波の波長での強い放射を行う.電波放射は惑星の磁場を直接トレースし,系外惑星からの電波の検出はこれらの特徴の物理パラメータへの制約を与える.

発見されている系外惑星に対して予測される電波の放射特性に関する大規模な比較研究は,明るく観測可能な電波放射を生成するためには,どのような惑星の物理パラメータが重要であるのかを特定するのに役立つ.

最新の比較研究が行われて以降,数千もの系外惑星が発見されている.ここでは,系外惑星からの電波フラックス密度と,最大放射周波数に関する新しい推定について報告する.

この研究の対象は,スペクトル型が F から M 型の,前主系列星および主系列星の周りを公転する,既知の系外惑星である.
計算の結果,観測可能な電波放射を生成できると予想される系外惑星は,若い恒星を公転するホットジュピターである.系が若い場合は恒星の磁場が強く,また恒星風が高密度であることが予測される.これらの特徴は,惑星からの明るく観測可能な電波放射の生成に対して重要な要素である.

また,Murchison Widefield Array の全天円偏光サーベイの結果を用いて,4.0 - 45.0 mJy の範囲の 3 σ の値を用い,系外惑星からの電波の 200 MHz での放射の感度限界を与える.

さらに,Giant Metre Wave Radio Telescope の観測キャンペーンから,おうし座V830星b からの電波放射に関して,3 σ で 4.5 mJy という上限値を報告する.この惑星は,初めて前主系列星を公転しているホットジュピターとして発見されたものである.今回の結果は,この天体からの低周波電波放射の上限についての初めての報告である.

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック